結婚式の音楽に関わる著作権って?

投稿日: カテゴリー: 結婚式の著作権
Pocket

結婚式の音楽に関わる著作権って?

新郎新婦目線で結婚式に関わる著作権との関わり方について説明します。
法律に関わる内容であるため引用を多く使用しています。見づらくて申し訳ありません。
もし、間違いがあった場合はご連絡いただけると幸いです。

 

今(2016年)から数年前に結婚式で使う音楽の著作権を一括で代行処理できる団体として一般社団法人 音楽特定利用促進機構(ISUM:アイサム)の名前が世間に広がりました。

現在では、迎賓館をはじめ多くの式場がISUMさんを利用しています。

そもそも、なぜ営利目的ではない結婚式に著作権が関わってくるのでしょうか?

その答えもISUMさんのサイト内に書かれていました。

ウェディングシーンはなぜ私的使用の範囲ではないの?
 著作権法では、「個人的に又は家庭内その他これに準ずる限られた範囲内において使用すること」(=私的使用)を目的とする場合は、その使用する者が権利者の許可なく著作物を複製できるとされています。この点、招待客が列席するウェディングシーンは「私的使用」の範囲を超えるため、別途権利者への手続きが必要となります。

引用元 : isum>よくある質問

わかりやすく言い換えるならば、法律で定められている「私的使用」の範囲外であるとの理由です。
※上記の「私的利用」とは、著作権法第30条第1項(私的使用のための複製)のことを示しています。

 

2-1 著作権法第30条第1項(私的使用のための複製)

著作権法第30条第1項では、以下の条件にあてはまる場合は、「私的使用のための複製」として、作詞者、作曲者等著作権者の許諾を得ることなく音楽などの著作物を複製できることが定められています。

(1) 個人的に又は家庭内その他これに準ずる限られた範囲内で使用することを目的とした複製であること
(2) 使用する本人が複製すること
(3) 公衆の使用に供することを目的として設置されている自動複製機器(専ら文書又は図画の複製に供するものを除く。)を用いないこと
(4) コピープロテクションを解除して(又は解除されていることを知っていながら)複製するものでないこと
(5) 違法にインターネット上にアップロードされたものと知りながらダウンロードした音楽または映像ではないこと

引用元 : JASRAC 著作権法第30条第1項とは・・・

2-2 個人的に又は家庭内その他これに準ずる限られた範囲内とは?

「人数的には,家庭内に準ずる ことから通常は 4~5 人程度であり,かつ,その間の 関係は家庭内に準ずる親密かつ閉鎖的な関係を有する ことが必要」(著作権審議会第 5 小委員会報告書(昭 和 56 年))とされております。

引用元 : -著作権の制限- 私的使用のための複製

※結婚披露宴の出席者が両親、兄弟姉妹などの身内のみでごく少人数となる場合については、上記があてはまる場合もありそうです。ただし、式場のプラン等によっても対応が異なってくると思いますので、詳しくはプランナーさんにご確認ください。

 

 

3-1 結婚式や披露宴で流すBGM用として複数の楽曲を集め、一枚のCD-Rなどに収録(複製)する。
3-2 当日会場で上映する映像(DVDなど)に音楽を入れる(複製)する。
3-3 業者に依頼し、結婚式や披露宴の記録DVDを制作する。

※市販のCDの曲を再生する場合などの演奏権は、ほとんどの場合ホテルや式場が手続きをしています。
結婚式における演奏権は、音楽を再生する場所である式場が利用する者と解釈されるようです。
そのため、演奏権に関して新郎新婦が手続き等を行うことはありません。

また、友人の余興の歌や演奏は、著作権法第38条(営利を目的としない上演等)にあたるため、手続きは必要ありません。

[1]営利を目的とせず,観客から料金をとらない場合は,公表された著作物を上演・演奏・上映・口述することができる。ただし,出演者などに報酬を支払う場合はこの例外規定は適用されない。

引用元 : 文化庁 著作物が自由に使える場合 営利を目的としない上演等(第38条)[1]

 

4-1 手続きの流れ

事業者に依頼すれば、その後は事業者が行ってくれます。
自分で手続きをすることもできますが、「3-1」「3-2」は別な対策をすることで手続きしなくても可能です。

引用元 : JASRAC ブライダルでの音楽利用について

※著作権は、創作した人のもつ権利。著作隣接権は、レコード会社などがもっている権利。複製利用するためには両方の承諾を得る必要があります。

4-2手続きすることのメリットとデメリット

《メリット》
・著作権と著作隣接権の両方の権利に対して、式場や映像制作業者が行ってくれるため、新郎新婦の手間は少ないかと思います。

《デメリット》
・費用がかかります。

著作権料金例

披露宴中のBGM用CDなどの録音物
・5分未満の曲を3曲使用し、1枚製造した場合
1曲あたりの著作権料 ※① 200円
1曲あたりの著作隣接権料 +2000円
曲数 ×3曲
システム料 ×10%
合計=7,260円

新郎新婦のプロフィールスライドショー(静止画)
・5分未満の曲を1曲使用し、1枚製造した場合
1曲あたりの著作権料 ※① 200円
1曲あたりの著作隣接権料 +2000円
曲数 ×1曲
システム料 ×10%
合計=2,420円

披露宴のダイジェストムービー(動画)
・5分の曲を3曲使用し、1枚製造した場合
1曲あたりの著作権料 2500円(1分につき500円)
1曲あたりの著作隣接権料 +2000円
曲数 ×3曲
システム料 ×10%
合計=14,850円

※各料金は税抜表示です。
※① 5分以上の曲については5分を超えるごとに1曲として曲数が加算されます。
※① 著作権管理事業者がJASRAC / JRCの場合の金額です。

引用元 : isum 著作権料金例

・ISUMの楽曲一覧にない曲をリクエストした場合、時間が必要

リクエスト楽曲を申請できるようになるには、権利者にISUMにて利用手続きの代行が行えるかどうかの判断をいただく必要があります。
早いもので1ヶ月前後で回答がいただけるものもございますが、回答に要する期間や結果等についてはお約束が出来かねますのでご了承ください。

引用元 : isum>よくある質問

4-3 自分で手続きをする必要がある場合

代行して手続きをしてくれる業者がいない場合は、自分で手続きをする必要があります。

具体的には、
「業者に制作依頼せず、後日自分で制作したDVDを配布する場合」などです。
家族や友人がホームビデオで録画した映像であっても、(私的使用のための複製)の範囲を超えて配布する場合は、手続きが必要です。

この時に手続きの対象となる曲は、映像に入っている音楽となります。
第30条の2第1項に、「分離することが困難であるため付随して対象となる音は、当該創作に伴つて複製又は翻案することができる。」とありますが、ジャスラックの解釈では、記録した映像に一緒に録音された音楽は映像の重要な要素となっているためこれに当たらないとのことです。

結婚披露宴において流れる楽曲は、通常、披露宴の進行にあらかじめ組み込まれており、会場の雰囲気づくりや演出効果を高めるうえで重要な要素となっています。そのため、著作権法第30条の2(いわゆる「写り込み」※)が定める「軽微な構成部分であること」には当たらないと考えられ、収録される楽曲も含めて「本来の撮影対象」であることから、「付随対象著作物の利用」とはなりません。

引用元 : JASRAC Q&A 私は映像製作事業者です。結婚披露宴の撮影を依頼されたのですが、、、

つまり、結婚式の記録映像に入っている音楽に対しても、(私的使用のための複製)の範囲外であれば手続きが必要であるため、曲を把握しておく必要があります。

また,「当該写真等著作物における軽微な構成部分となるものに限る」とありますが,「軽微な構成部分」であるか否かは,著作物の種類等に照らし,個別の事案に応じて判断されるものであり,予め定量的な割合が決まっているものではありません。

引用元 : 文化庁 いわゆる「写り込み」等に係る規定の整備について(解説資料) (第30条の2,第30条の3,第30条の4及び第47条の9関係)

文化庁のHPにも書かれているように、「結婚式の記録映像に入っている音楽」≠「必ず手続きが必要」なのですが、結婚式の記録映像は、良いシーンと音楽はリンクしていると個人的にも感じるところでもあります。。。

 

「3-1結婚式や披露宴で流すBGM用として複数の楽曲を集め、一枚のCD-Rなどに収録(複製)する。」

(対策)会場にある市販CDを使用するか、自分で用意した市販のCDを持ち込みます。
プランナーさんと打ち合わせて、希望の場所に希望の曲を流してもらえるようにします。
※CDの枚数が増える分、打ち合わせをしっかりと行いましょう。
※自分で用意したCDを持ち込むと料金がかかる会場もあるようです。事前にプランナーさんに確認してください。

「3-2当日会場で上映する映像(DVDなど)に音楽を入れる(複製)する。」

(対策)映像作品に曲を入れると曲を複製します。複製することに対し著作権らが関わってくるため、映像作品に曲を入れず、当日は、映像と一緒に希望の曲を音響の方に流してもらいます。
※自作映像の場合など、編集が手軽に行える環境の場合は当日用の音無し映像と保存用の音有り映像の2つを書き出しておくことをオススメします。
※これも打ち合わせをしっかりと行いましょう。

「3-3業者に依頼し、結婚式や披露宴の記録DVDを制作する。」

これには対策はありません。
業者に依頼せず、家族内で楽しむのであれば、家族が録画してくれていたビデオを自分で編集するといった対策も可能です。
※業者でなければ許可されていない撮影シーンがある場合もあります。式場によって異なると思いますので、プランナーさんにご確認ください。

 

6-1著作権が消滅した楽曲

パブリックドメインと呼ばれるものです。
ただし、著作隣接権(レコード会社などがもっている権利)がある場合も多く配慮が必要です。
クラシックのCDなど、現代にレコーディングして販売されているCDはこれにあたります。
その場合は、以下の著作権フリー音源を探すと良いでしょう。

6-2著作権フリー音源

制作者が著作権の使用料を取らない意思を示している音源です。パブリックドメインの曲か制作者のオリジナル曲になります。

クラシック名曲サウンドライブラリー
パブリックドメインとなったクラシックのみですが、無料音楽配信 楽曲が600曲以上あります。生録音ではなく、DTMによる打ち込みによる制作であるため著作隣接権の手続きも不要なのだと思います。クオリティーも高いです。

・その他のサイトについては、リサーチした後に別の記事にて紹介します。

・当サイトでも著作権使用料フリー音源集を販売しています。
ぜひご覧ください。

 

・「私的使用」の範囲を超える複製を行う場合は、手続きが必要です。
・映像に入っている音楽も対象となる場合があります(結婚式の映像は対象と考えていたほうが良いでしょう)。
・演奏やCDの再生に関しては、ほとんどの場合会場が申請済みであると思われるため、新郎新婦が手続きの心配をする必要はありません。ただし、念のため会場に確認しておきましょう。
・著作権等の使用料と、式場の料金設定は別物です。著作権手続きは不要の場合でも、個別の対応をするために人件費がかかるため有料となっている場合などもあると思います(CDの持ち込み料がかかる場合もあるなど)。
そのため、各式場の設定を詳しく知るプランナーさんとの打ち合わせが重要になってきます。

その他具体的なQ&Aの記事も後日書きたいと思っています。
具体的な質問や素朴な疑問等ありましたら、ご遠慮なくコメントにご記入ください。
(ゲストの生演奏や、結婚式の様子をユーチューブにアップするなどの場合は?など)

著作権の内容は頭が痛くなったかと思います。。。お疲れ様でした!
結婚を迎えるお二人に祝福あれ!

Pocket

(著作権使用料Free)Wedding BGM selection vol.1

s__13566005 20曲入りCD 2枚組(計40曲/約143分)

  • 入場、手紙、映像、歓談など結婚式当日を想定して制作してあります。
  • 約2時間半収録のため、披露宴のBGMとしても最適です。
  • 時間がない時など、困った時の音源集!
  • 直接購入をされた方(又は会社)は、映像BGM・イベントBGM・WEB制作・ホテル等の館内BGM・展示場BGMなどでご自由にお使いいただけます。

⇒『Wedding BGM Selection vol.1』の詳細はこちら


(著作権使用料Free)Pick Up Tracks『white』

 9曲入りCD(約36分)

  • 源集『Wedding BGM Selection vol.1』から、オススメ曲をピックアップした、9曲入りの著作権使用料フリーミニ音源集(約36分)です。
  • 手紙や映像などメッセージを伝える祭の曲を中心に選曲してあります。
  • Pick Up Tracks『white』の収録曲はデジタル音源として、iTunesなどからの購入もできます。デジタル音源は、1曲ごとの購入が可能です。

⇒Pick Up Tracks『white』の詳細はこちら


結婚式向け お二人だけのオリジナル音源・BGM制作はいかがですか?

  • 指輪と同じように、心に残るメロディーは永遠です。お二人のお話を伺い、イメージに沿ったお二人だけの
    音楽を形にします。
  • 結婚式や披露宴のアクセントとして、入場曲や手紙を読む際のBGMなど、一生忘れられない素敵な場面にいかがですか?
  • そして、結婚記念日にはお二人だけの曲を流しながら、感動の瞬間を鮮やかに思い出してください。
  • お二人の素晴らしい未来を飾る大切な選曲です。些細な事でもお気軽にお問い合わせください。 

⇒オリジナル曲の詳細はこちら

[cta id="630" vid="0"]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です